ザ・カウボーイハウス

【軽井沢】ステーキの名店『ザ・カウボーイハウス』

西部開拓時代のテイストで統一された店内では、様々な部位の肉厚ステーキを楽しめる。店内は観光客だけでなく地元の方も多く、その人気の高さが伺える。ただ、食事時は混んでいることが多く、ピークタイム時には待つ必要があるだろう。駅から若干の距離があることを差し引いても、ぜひ一度足を運んで欲しい店だ。

【軽井沢】ルート02「浅間山周回ルート(short.Ver)」

浅間山の雄大な風景を思う存分楽しむことができるコース。93.6kmと初心者には少しきつい距離ではあるし、途中斜度6−7%のクライムを12kmほど続ける難所はあるため、それなりのハードさは覚悟しておくべきだ。しかし難所を越えてしまえば、標高にして1400mを一気に降る、超ロングダウンヒルが楽しめる。交通量も多くなく、大自然を滑走する楽しさは筆舌にし難い感動を味わえるだろう(季節に合わせて防寒具を忘れないように)。

【軽井沢】ルート01「日帰りできる!都内から軽井沢までコース」

160km走るだけであれば、ビギナーであってもロングライドのコツさえ心得ていれば走りきることは容易だ。ただ今回のコースの場合、後半100km(下仁田)以降から始まる妙義山系の壁だ。軽井沢まで大きな休みもなく登り続ける。またこのコースの難易度を上げているのが、後半になればなるほど斜度がきつくなる点。事前の勾配やコースの入念なチェックが必要なコースだ。

軽井沢

皇室御用達の閑静な避暑地「軽井沢」。標高2,568mを誇る活火山「浅間山」を中心とした雄大な自然を堪能することができる。おしゃれな別荘、温泉、ご当地の食事、そして山々と風景。おそらく自転車旅行に求めたいすべてがあるといっても過言ではない。都内から直接アタックするもよし。軽井沢まで新幹線で輪行し、軽井沢の美しい林道を散策するもよし、浅間山を回るもよし。多彩なロードバイク旅が楽しめるのが魅力的だ。自転車旅初心者の人にとっても、手軽に雄大な自然を感じられるため、ファーストチョイスにもってこいなこの場所を紹介したい。