ニュース

2019年 ロードバイク新モデルまとめ

2019年の発表されているロードバイクの新モデルをピックアップしてご紹介。 お気に入りのデザインや新しい機能をチェックして、ぜひ購入の参考にしてもらいたい。特に2019年はディスクブレーキモデルを各社各モデルで追加の発表が多く、注目のポイントだ。

BRAND NEW 2019
    はじめに
    新モデルまとめ
  1. Cervelo(サーベロ)|R5
  2. Cervelo(サーベロ)|R3
  3. Canyon(キャニオン)|Ultimate CF SLX
  4. Trek(トレック)|Madone(マドン)
  5. Specialized(スペシャライズド)|Allez Sprint(アレースプリント)

はじめに

2019年のロードバイク界の変化といえば、UCIワールドツアーでのディスクブレーキの解禁だろう。これまで長らく試験的に導入されることはあったが、安全性の問題や制動力のフィーリングなどいくつかの問題が指摘されてきたが、メーカーの努力もありこれらがクリアされたことで各社ともディスクブレーキを主力モデルに追加してきている。
一方で、過去のエアロモデルの進化や、エンデュランスモデルの進化が出きってしまった感があり、メジャーアップデートは各社ともに少ない。競技用ロードバイクの進化が頭打ちにきているのに対し、eバイクやグラベルロードなどユーザーのスタイルを変えるようなモデルも各社意欲的に発表している。
そんな2019年モデルをチェックしていこう。

Cervelo(サーベロ)|R5

Cervelo R5©eastwood.co.jp/lineup/cervelo

Cervelo R5©eastwood.co.jp/lineup/cervelo


》東商会公式サイト
<変更点> カラー変更
<コメント>2018年にメジャーアップデートしたため、今年はカラーのみ変更。
これまではイエローやグリーンなどワンポイントカラーが入っていたが、今回のデザインでは全体がマットブラックに覆われており、汎用的にかっこいいと言えるスタイルに仕上がっている。加えてネイビーに差し色として赤が入ったデザインも発表されいる。こちらも大人と言えるデザイン。いずれも非常にセンスが良い。

Cervelo(サーベロ)|R3

Cervelo R3©eastwood.co.jp/lineup/cervelo

Cervelo R3©eastwood.co.jp/lineup/cervelo


》東商会公式サイト
<変更点> カラー変更
<コメント>R5同様、カラーのみが変更。
何と言っても今回のデザインで新たに発表された全体がオレンジのモデルが特徴的。ビビッドなカラーが好きな人にもってこい。オレンジという色味は、実はグレーやブラックに非常に会うため他パーツやジャージと合わせるとかなりセンスのいいスタイルになる。

Canyon(キャニオン)|Ultimate CF SLX

Canyon Ultimate©www.canyon.com

Canyon Ultimate©www.canyon.com


》キャニオン公式サイト
<変更点> カラー変更
<コメント>カチューシャアルペシンモデルのデザインに加えて、女性チームのTEAM CSRモデルもデザインを刷新。
もともと定評のあるステルスカラーとは趣向の違うビビッドなカラーもキャニオンらしくしまったデザインになっている。
何よりもやはりデュラエースの完成車モデルが50万円台から買えてしまうコストパフォーマンスが相変わらず素晴らしい。

Trek(トレック)|Madone(マドン)

Trek Madone©www.trekbikes.com

Trek Madone©www.trekbikes.com


》TREK公式サイト
<変更点> メジャーアップデート
<コメント>最も大きな変更点はトップチューブに振動を吸収する調整式ISOスピードが導入されたことだろう。さらに2,019年の最も大きなトピックになるだろうディスクブレーキが選択できる。
トレックセガフレードのチームモデルのデザインが新しくなっており、TREKのロゴがかなり大き目に入っているのが特徴的。ナイキのエアマックスのようなストリートっぽい印象を受ける。

Specialized(スペシャライズド)|Allez Sprint(アレー)

Specialized Allez Sprint©www.specialized.com


》Specialized公式サイト
<変更点> モデル追加
<コメント>サガンが愛用しているバイクで有名なSpecializedが提供する廉価版のエアロロードバイクであるアレーシリーズに、油圧ディスクブレーキモデルが追加された。リムブレーキよりも制動力が高く、2019年からはUCIワールドツアーでも採用することが可能なディスクブレーキ。今後のデファクトスタンダードになる可能性も高く、廉価版モデルにも追加されたことは注目に値する。