旅ノウハウ

ロードバイク乗りが知っておきたい5つの交通ルール

自転車に乗って街を走ると、実は意外と交通ルールを守れていない人が非常多いことに気づく。正確には「正しく理解できていない」場合が多いのだろう。しかし、いちロードバイク乗りとしてロードバイクに乗っている限りは正しく法律を理解しておきたいものだ。この記事では「間違えやすい自転車交通ルール」に焦点を絞って紹介する。

知っておきたい5つの交通ルール
  1. 自転車は「軽車両」
  2. 路肩と路側帯
  3. 自転車は二段階右折
  4. イヤホンの装着
  5. ハンドサイン(自転車の指示方法)
  6. その他の勘違いしがちなルール

    さいごに

1.自転車は「軽車両」

意外と多くの人が認識していない(と街中を見渡していると感じる)のが、「道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられている」ということ。つまり「自転車も自動車やバイクなどと(ほぼ)同じ“車両”扱い」だということだ。したがって、歩道と車道に区別のあるところは車道通行が原則だし、自転車も車と同様にそれぞれの標識・標示に従わなくてはならない。

自転車は「車道が原則」「歩道は例外」

一般的に自転車のほとんど(街にもよるが)は歩道を走っていることが多いのではないだろうか。実際に警察官の方々も自転車で歩道を走行しているケースを見ることがある。しかしながら、自転車が歩道を通行していい場合には明確に基準がある。正しい法律を是非知っておこう。

自転車が歩道を走って良いケース

①歩道に「普通自転車歩道通行可」の標識等があるとき

②13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体の不自由な人が普通自転車を運転しているとき

③道路工事や連続した駐車車両などのために車道の左側部分を通行するのが困難な場所を通行する場合

④著しく自動車の通行量が多く、かつ、車道の幅が狭いなどのために、追越しをしようとする自動車などの接触事故の危険性がある場合など、普通自転車の通行の安全を確保するためにやむを得ないと認められるとき

−[道路交通法]より

歩道を走る場合は車道寄り

また自転車が歩道を走る場合にも明確なルールがあり、「車道寄りの部分を徐行しなければならない」ということと、「歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければならない」という2点。
−[道路交通法第63条の4]より

車道は左側を通行

次に、自転車が車道を走る場合。「道路(車道)の中央から左の部分を通行しなければならない。つまりこれは片側二車線以上の道路でも一番左車線を走行しなければならないということだ。なお、自転車道が別途設けられている場合は、その自転車道を通行しなければならない。
−[道路交通法第17条] / [道路交通法第63条の3]より

従うべき標識や信号

自転車は「軽車両」と前段に記載したが、では標識や信号はどうなのか。当然、“車両”であるため自動車と同じ様に、掲示してある標識全てに従うのだが、信号については「対面する信号機に従う」とある。そのため、歩道を走っている場合は歩行者用信号に従う必要があるということだ。
また、非常に細かいが一部には「歩行者・自転車専用」と表示のある信号機が存在する(渋谷駅前の大ガード下など)。その場合は、車道を通行していても、その専用信号機に従う必要がある。
−[道路交通法第7条 / 道路交通法施行令第2条]より

2.路肩と路側帯

路側帯と路肩について、改めて問われると、明確に回答できない方も多のではないだろうか。言葉も大事だが、法律では、自転車の走り方についても明確に分かれているので覚えておいて欲しい。

路肩と路側帯の違いとは

この二つを自転車目線で(若干乱暴に表現すると)「路肩は、自転車が走行できる車道の左端側」で「路側帯は、自転車が走行できない車道の左側」だ。定義としては以下の様に定められている。

【路肩】道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道又は自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分をいう。
法庫.com | 道路構造令第2条第12号

【路側帯】歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。
法庫.com|道路交通法第1章第2条三の四

つまり、歩道がない場合、路側帯が「歩道扱い」となり、車道にみえたとしても自転車は(原則)走行してはならないということなのだ。名前は非常に覚えにくいが、ロードバイクに乗る場合には、「歩道がない場合は、車道にある左端の白線より右側を走行しなければならない」とだけ覚えておこう。

路側帯を通行できる場合

基本的には、先の「自転車が歩道を走行して良い場合」とおおよそ同じだ。「軽車両は、17条第1項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる。」とある。つまり歩行者優先。やはりここでも「原則は車道」「例外として路側帯も可」という扱いだ。
−[道路交通法第17条2項]より

3.自転車は二段階右折

片側1車線でも二段階右折

自転車の右折は解説が非常に難しい。結論から言うと「片側2車線以上の交差点では二段階右折」しなければならない。法令では以下の様に定められているためだ。

軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。
法庫.com|道路交通法第1章第2条三の四

「交差点の側端(そくたん)に沿つて徐行」と言うところがポイントで、交差点は正方形であるため“側端に沿って走る”とどうしても直進後・右折、という2段階にならざるを得ないのだ。もちろん、信号機の設置してある交差点でも、右折する場合、青信号で交差点の向こう側へ直進、角部分で方向転換、右折後の正面の信号が青になった後、さらに直進、と言う天順を踏む必要がある。
なお、自転車の右折にいついては次のサイトが図解で非常に丁寧にわかりやすく解説している。興味のある方は確認してみると良いだろう。
公益社団法人自転車道路交通法研究会 | 交差点右折の方法

5.イヤホンの装着

前提として、自転車の乗車中にイヤホンを使用すると言う行為はあまり推奨できない。大なり小なり、周囲の音が聞き取りづらくなると言うことは、危険を察知するための外的情報量は減ってしまうからだ。
なお、イヤホンについては各都道府県や地域によって条例で定められているため、一概に言えない部分がある。ここでは、東京都の条例を主軸に記載する。

法律はどの様になっているか

各都道府県が定める道路交通法施行細則、もしくは道路交通規則によって定められている。これは、各都道府県が定めており、内容は似通ってはいるが、それぞれ若干異なっている部分がある。東京都の場合は以下。

高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。(略)
東京都公安委員会 | 東京都交通規則8条5号

道路交通法違反か?

揚げ足を取る様な言い方になってしまうが、上記の引用の通り、つまり「使用するだけ」であれば道路交通法違反にはあたらないようだ(神奈川県警察のHPには「片耳でのイヤホン使用は、違反となりません。」と明記されている)。しかしながら、最終的に違反かどうかは「安全運転に必要な音や声が聞こえているか(いたか)で判断」されるようだ。極論を言ってみれば、それを警察官(警察機関)がどの様に判断するか?で違反かどうかが決まるということのようだ。

法律改正されたのでは?

そもそも、「2017年6月1日に道路交通法が改正されきびしくなった」という話について、ローディの中で非常に見解が錯綜したことも記憶に新しい。しかし、実は取り締まりの対象は何も変わっておらず、ただ、自転車でのイヤホン使用やその他道路交通法の違反に対して「指導・警告」が複数回になった場合は講習を受ける様になったと言うものがその主軸だ。
 なお一般的には、自転車での違反は「指導・警告」が多く、いきなり「検挙」や「交通切符」を切られるのは、よほどの悪質な場合を除いて稀なようだ。

編集部おすすめアイテム

周囲の音が聞こえるイヤホン

しかしながら音楽に限らず、音声ナビを聴いたり、もしくはチームで無線を行いながら走るなど、イヤホンは便利な面もある。そんな場合に適しているが以下のアイテム。
ポイントは「イヤホンが開放型」「Bluetooth」「防水」「ネックバンド(コントローラーがコード部分でなくネック部分にあるタイプ)」だ、ロードバイクでは、激しい運動が長時間続くので、付け外しも簡易にできなくてはならない。おそらくこのタイプの形状がベストだろう。

【G.Ratio Bluetoothイヤホン】

G.Ratio Bluetoothイヤホン(インナーイヤー&開放型)amazon | G.Ratio Bluetoothイヤホン(インナーイヤー&開放型)

Amazonで商品を見る¥2,680〜Yahoo!ショッピングで商品を見る
¥4,652〜

6.その他の勘違いしがちなルール

上記に紹介してきたルールの他、実は勘違いしている人が意外といる(かもしれない)ルールについて、まとめておく。ローディたちの正しい知識と安全な旅の助けになれば幸いだ。

意外と守られていない自転車ルール

自転車の並進走行禁止

-[道路交通法第19条]より

携帯電話使用運転禁止

-[道路交通法第71条 / 東京都道路交通規則第8条]より

夜間はライトを点灯

-[道路交通法第52条 / 道路交通法施行令第18条 / 東京都道路交通規則第9条]より

警笛機の装備は必須

-[道路交通法第54条]より

さいごに

いかがだろうか。もしかしたら一つや二つほど勘違いしていた交通ルールはあったのではないだろうか(恥ずかしながら編集部でも記事を制作する上での下調べ中に改めて知った項目がある)。ロードバイクジャーニー読者の皆様には、しっかりと法律を守ることができる、お手本となる様なローディを目指して欲しい。
なお、先にも記載した通り、あくまで昨年の法律改正によって、イヤホンなどですぐに捕まる(罰金刑など)ようになったわけではないし、だからと言って、守らなくて良いわけではないことは言わずもがなだ。そもそも、改正の本質は「自動車の様に免許制度がなく、日本の自転車事情に意識強化が必要」となったための法律改正なはずだ。ルールをしっかりと知る・守ることは前提だが、日本の自転車事情をより盛り上げていくために何より重要なことは、一人一人の「安全な道路交通を維持する」という意識ではないだろうか。