旅ログ

【東京五輪2020特集】ロードバイク競技編集部座談会/後編

オリンピックに向けたロードバイク種目の座談会 後編。富士山麓や山中湖などのそれぞれの坂のデータなどを踏まえ、未確定のコース予想や、観戦スポット、戦況予想などについて議論を重ねてみた。

    はじめに
  1. RbJ編集部座談会とは
  2. 座談会スタート
  3. コース後半の概評
  4. コースのパターン予想
  5. 戦況について
  6. 観戦スポットについて
  7. さいごに

》RbJ編集部座談会/前編(1)を読む
》RbJ編集部座談会/前編(2)を読む

はじめに

1.RbJ編集部座談会とは

RbJ編集部では2020年のオリンピックロードバイク種目について様々な角度で分析を行うことで、より当日を楽しんでもらえればと思う。その一環として、まずは編集部自身が、オリンピックでのロードバイク種目に対する知見をより深めるために、編集部での座談会を行った。その一部始終をここにまとめる。と、堅苦しい口調で入ってしまったものの、ただのいちロードファンたちが、集ってロードバイクのあれこれを雑談しているのと差して変わらないかもしれない。そのくらいの気軽さで読んでもらえればと思う。

役割分担について

MRSN(以下M):ロードを3年やっててもロード情勢に疎いため、定量データの収集担当
BARA(以下B):世界の選手や大会、名所などに詳しいため評価担当

主な坂の呼称について

便宜上、それぞれの坂は敬称で会話しているので、一部正確でない場合もあります。
富士山エバーグリーンラインは「富士山麓」、三国・明神峠は、山中湖側からを「三国峠」、御殿場側からを「明神峠」、籠坂峠は、御殿場側からの上りを「籠坂峠」と便宜上呼称しています。

座談会スタート

2.コース後半の概評

はいー。やってまいりました座談会「後編」。
試走、辛かったですね!

(笑)いや、そんなに?

ま、車で一部チートをしましたけども。せざるを得ない区間だったから仕方ないですからね。

まぁそうですね。

今回は、座談会前編の評価と同じく、戦況予想と観戦スポットの話に加えて、新たにコースパターンについても話をして行きたいと思います。

走ってみてどうだったかで変わるからね。

で、まず前提ですが、いくつか車で取材走行した箇所があります。
一つ目が、富士山スカイラインの中に、南富士エバーグリーンラインという区間があるんですが、ここは有料道路で自転車の走行禁止です。

まぁ、走れても走らないほうがいいよね(笑)

確かに(笑)
全国にいろんな激坂はありますが、そりゃあここは自転車禁止にするよねって感じのところでしたね。

景色は良かったけどね。

で、二つ目が、三国・明神峠に関しては、凍結で進入禁止になっていたため、車での取材もできていません。

また春になったら行きましょう。

はい。なので、こちらはある程度妄想でお話を進めたいと思います。
では後半エリアの批評をして行きましょう。

まず後半エリアの全体像から見ていきましょう。
主要な坂のデータをまとめてみました。

距離 標高差 平均斜度
山中湖(1周) 13.6km
富士山麓(右回り) 15.3km 891m 5.8%
籠坂峠(SW周回を右回り) 14.7km 648m 4.4%
三国峠(SW周回を右回り) 2.7km 172m 6.4%
明神峠(SW周回を左回り) 6.7km 695m 10.4%
※SW周回=富士スピードウェイを中心とした、籠坂峠、山中湖南東道路、三国・明神峠、の円になる部分

次に、改めてですが、編集部予想の第1プランを改めて振り返りましょうか。
オリンピックロードレースの推定コース後半

》オリンピックの詳細コース予想の記事はこちら

まず、山中湖を1周半したあと、山中湖の南側から籠坂峠へ入ります。
富士スバルラインの方に向かう道ですね。籠坂峠は、山中湖からはほんの少し(2km/100m)登って、13kmほど下ります。
そのあと、富士山麓の周回エリア。麓を2周した後、戻ってきて、今度は御殿場方面へ右折し、「富士スピードウェイ(以下、富士SW)を中心とした大きな周回ルート」を左回りに走ります。

この時に三国・明神峠を登るのね。

そうですね、御殿場から富士スピードウェイを横切って
明神峠を登り、で、最後に富士SWに戻る、というコースですね。

…こーんなエグいコースあるかなぁ?(笑)

笑。まぁ、あくまで予想ですから。でもおそらく最もハードなパターンですけどね。

逆だったらもう少し楽だよね。

それも次の段で検証してみましょうか。

で、後半エリアの全体像が見えてきたところで改めて、各坂のデータを。斜度が注目ですね。

富士山麓周回(右回り) 15.3km 891m 5.8%
籠坂峠(SW周回を右回り) 14.7km 648m 4.4%
三国峠(SW周回を右回り) 2.7km 172m 6.4%
明神峠(SW周回を左回り) 6.7km 695m 10.4%

富士山麓は平均斜度6.0%ですが、前半は斜度が低いため、後半は、7〜8%。当然、場所によっては10%を超えてきます。

15km、6%かぁ…サガンは登れなくはないか…。

でも、車で走りましたけど、所感としては…なんでしょう。あんなキツい坂ある?!って感じでした。

いや、なんか、6%じゃなかった気がするね。
トータルで見たら、15kmってクライムとして長い距離なので、所々15%超える激坂が複数あったから、体感はもっとキツいと思うよ。

数値だけみると10%超えるところはあんまりなさそうなんですけどね。

でも、後半休めるところがなかったのはキツいと思う。15km登るって言っても、例えば奥多摩みたいに平坦に近いところが多いけど。ここは印象的にはずっと斜度が下がらないイメージだね。

で、籠坂峠と明神峠に関しては、「富士スピードウェイ(以下、富士SW)を中心とした大きな周回ルート」が、右回りと左回りで難易度がかなり変わります。
① SW周回を右回りすると、籠坂と三国峠を登る
② SW周回を左回りすると明神峠を登る
ということになります。
籠坂は、14.7km 648m 4.4%ですね。

難易度下がって、14.7km650mの坂か…。

まあ、僕はこちらのコースも嫌ですけどね。どんな斜度でも15kmも坂を登りたくはないです笑

まぁ、単体で見たら結構きついよね。

で、先ほどお話しした逆回りだったら、というお話ですが、明神峠については、距離は6.7kmなのに、籠坂と高低差はあまり変わらないという…。

籠坂峠(SW周回を右回り) 14.7km 648m 4.4%
明神峠(SW周回を左回り) 6.7km 695m 10.4%

籠坂よりも登るよね。

そうですね…改めて見るとおかしいですね。笑
籠坂は15kmかけて登ってるのにそれより大きな高低差を、半分以下の距離で登ってるという…。

当然斜度は倍だね…。でも、短い激坂はどの(世界の)大会でもあったりするし、このくらいだったらいい選択なのかもね。

で、今お話ししたのは両方登った場合の斜度データですが、本来はどちらかしか登らないでしょう。編集部予想は、「明神峠を登るSW周回左回り」ですが、
右回りの場合は、籠坂峠と三国峠を登ります。ただ、三国峠は比較的小さな登りですね。

三国峠(SW周回を右回り) 2.7km 172m 6.4%

まぁ、それでも200km以上走った時にこの坂はかなりこたえるだろうね。

ただ、いろいろな動画やブログを見ていると、「明神峠」を下るのは危険なんじゃないかと僕は予想しています。斜度10%を超える曲がりくねった激坂を下るのは、非常に危険なコースになると思うんですが、どうでしょう。

うーん、確かにそうかもしれないけどね。だ逆にここを登るというのもかなり「壁」だよね。まぁ世界のステージレースや、例えばツールでもこのくらいの斜度の坂は全然あるので、プロのクライマーであれば余裕でしょ。そういう意味では明神は登るコースになるかもね。

じゃあ逆に、10%以上の坂を下るっていうパターンもあるんでしょうか。

んー、でもそれもあるんじゃないかな。

ブレーキ溶けてしまいますよ笑

まぁ距離が短いからね。あとは後半なので選手も絞られていると思うので、そこまで危険じゃないんじゃないかな。集団で走るとするとかなり危険だけどね。まぁ10人以下とかの逃げ集団であれば問題はないと思うけどね。

あーなるほど。何れにせよ、どのパターンでもある程度後半に登る、ないし下ることになると思われますので、まぁそこまで集団になっている可能性は低いかもしれないですね。

3.コースのパターン予想

ちなみに、今の編集部予想のコースだと完全クライマー向けコースですが、山中湖周回を後半に持ってくるとどうなるんでしょう。例えば、山中湖の平坦を一番最後に周回して、あと下ってSWのみだったら。

割とタイムトライアリストなんかも有利になってくるかもね。
あ、でも例えばドゥムランみたいなTT選手の中でも登れるような特別な選手じゃないと話にならないけどね。最後に平坦があるなら、その手前でスパートかけて独走する可能性もなくはないかも。

あ。あのー、いきなり話逸れちゃうんでうけど…、今朝ね、河川敷を強風の中走ってて思ったんですが、クライマーってずるくないですか。

なんで?

だって、平坦を走る時って、クライマーって集団の中で温存できるじゃないですか。もちろん、逃げ集団やアタックなんかはあるものの、基本は集団で走るわけじゃないですか。だからクライマーもスプリンターも、みんな足は温存できると。でも遡る時って、4,5%だと特に10%とか超えてくるとドラフティングってないじゃないですか。

プロ選手だったら10%くらいまでだったら、20km/h以上で走るよ。

でもその速度ってほぼアタックしてますよね?つまり、クライマーは平坦で温存できるのに、坂ではスプリンターは楽できないんですよ。

知ってる笑。だから、グルペット作るんですよ。

ほう。(あまりわかっていない)

後方に、スプリンターをメインとした後続集団を形成するのよ。特にステージレースはそのステージをゴールしないとDFNになっちゃう。だから山岳が多いステージなんかだと、完走を目的とした集団が後方で形成されるのよね。

ほうほうほう。

そこに入ればいい。

あー、そういうことですね。でもそれはステージレースで完走しなきゃいけない場合ですよね。

ワンデーレースの話?ワンデーレースやクラシックレースは、だからスプリンターは出場しないよ。出るのは、チーム選手を曳くためのTT系のルーラー選手や、総合選手、あとパンチャー。

ということは、坂があった時点であればあるほど、クライマーの有利度はどんどん上がってしまうということですか。

まぁ一概に「坂」といってもあれだけど、例えば、カペルミュールみたいな、1~2kmくらいの短い坂とかだと、クライマーみたいな持久型のよりもスプリントクライムができるパンチャーなんかが有利だったりするよ。

なるほどですね。坂は坂でもコースの構成に大きく寄ってしまうと。

じゃあ、ちょっと、追って
富士山麓周回を減らして、山中湖の周回をできるだけ伸ばしたコースをつくってみて…

えー、そんなしょーもないコース作らないっしょ!

しょーもなくないですよ笑。 そもそも、富士山麓を含むコースに変更された理由が景観ですから、つまりテレビ映え。ということは山中湖を複数回周回する可能性は高いと思いませんか。

でも、富士山麓の下の方もかなり綺麗だったよ?

御殿場市街地抜けて、大野路交差点までのハゲ散らかした道ですね。野焼きしてましたね。

でもまぁ、観戦はしづらいのかな。

住宅街もあったので、完全封鎖はされないと思いますけどね。

でもまぁ自転車はしれる道なので、富士山への自転車旅行では走っておきたい道だよね。

たしかにここはオススメの道ですね。
富士山の南側のこのあたりを横向きに周回するコースは旅行でオススメですね。

あー、これいいね。登りもあり、平原もあり。山中湖あたりに拠点も受けてね。

富士山を横目に2000m級の道をひた走るっていうのいいですね。

>富士山の麓を周回するオススメコース(山中湖ST)はこちら

話しそれましたが、とはいえ、山中湖は富士山が綺麗に見える一番だと思うんです。「富士山の写真」も山中湖からの写真が多いじゃないですか。だからそこを後半のレースが盛り上がってるタイミングで、山中湖をそれこそ5周とか回るっていう。

それやってしまうと中途半場だよね。
多分スプリンターは大きなやまが一つでもあると、純粋なスプリンターはことごく落ちてしまうので…、まず出てこない。オールラウンダーの中でも平地も強いような、例えばヴァルヴェルデみたいな選手とかは有利になってくるかもね。ただ、そうしてしまうとラストの大スプリント勝負みたいなことにはならないとは思うよ。平地が続くと、大集団が再度形成される可能性もあるから、仮に最後の最後、集団スプリントになった時、ピュアスプリンターがいないスプリント勝負を誰が観たいのか?という笑。

笑。たしかに。でも一般の人たちは、ピュアスプリンターかどうかは知らないじゃないですか。

いや、知らないかもしれないけど、一応これはオリンピックだから、それなりにUCIとかも絡んでるだろうから、そーゆー目線でも決まると思うよ。

じゃあ、最後に平坦いくら持ってこようが、ピュアスプリンターは出てこないと。

だって富士山これ、一級山岳でしょ?
もちろん、最後が平坦だったら、クライマー向けじゃなくなるかもだけど…。明神峠なくすパターンってこと?

いや明神峠はおそらくなくならないかなと。

んー。じゃあ、平坦がどれだけ続いても、最後明神峠登るんだったら…。

あ、いや、明神峠は無くならないけど、中盤に持ってくるってことです。
例えば、山伏峠後、山中湖を周回せずに、「富士SW周回(明神峠)」>「富士山周回」>「山中湖平坦周回」>「下って富士SW」へ。みたない。距離的には60~65km平坦もしくは下りです。

つくるかなぁ…、そんなコース。。。苦笑

クッソ登ったあと、60km平坦。これならスプリンター達もいけるんじゃ?

まぁ、もちろん60km平坦だったら、だったら普通にルーラーが引いてスプリンターも追いけるね。でもそうなると、今度はクライマー出なくなる。

え、逆に「出なく」なるんですね…。

まぁ、曳くためにアシストとして出る選手はいるかもしれないけど。例えば、フルームどうするの?とか、選手層考えてもそういうコースはないよね。あえてキッテルとか叩けるコースにして誰が喜ぶ?ってことよね。

そもそもオリンピックのロードレースってなんなんですか?

というと?

「いろんな状況のコースをクリアできる一番の人を決める」でいいんですか?

まぁそれは毎年のコースどりに若干変わるものの、過去のコースを見る限り、山あり谷あり的なコースだし、「スプリンターに勝負させよう」とか「完全クライマーの土俵」みたいな意図のあるコースでないことは確かだよね。「逃げが成功するかも」とか「クライマー独走かも」とかあらゆるかのうせいがかんがえられるコースが良いとされるよね。

だとすると、編集部の第一予想では、完全クライマーの土俵って話を前編でしてたと思うんですが、あまりこれだと可能性は低いってことですか?

いや、このコースでも「逃げ集団が発生」するのか「特定のクライマーが独走」するのか「小集団でも戻ってくるのか」とか、いろいろ気になるよね。

でもスプリンターの可能性は…。

まぁそれはないよね。

じゃあ、折衷案ということで、富士山麓を削りつつ、後半の平坦をちょっと伸ばすみたいなコースはどうでしょう。

あー、それだと、パンチャーとかも責められるので、サガンとかヴァンアーヴェルマートもくるかもしれないね。

じゃあそれ、編集部の一押しプランとして作ってみましょうか。
クライマーなのか?パンチャーなのか?もしくは登れるスプリンターなのか?みたいな。

確かに、それ面白そうね。
でも、明神峠もかなりキツいけど、短い激坂ってどの(世界の)大会でもあるから、こーゆー坂があるっていうのはあり得るかな。って考えると、このコース(第一予想)もアリよね。

いや、ちょっと待ってちょっと待って笑。「アリ」ってなんですか笑。

いや、見てるぶんにはいいよねってこと。

あーなるほど。でも僕はナシですよ。富士山麓を視察してる時に、これまでを振り返って思ったんですよ。
武蔵野森公園から走って、まずいきなり尾根幹のアップダウンで心折られるわけですよ。

それは、MRSNだからでしょ笑

で、やっと尾根幹終わったと思ったら、今度は道志みちを必死に登らされて、山伏やっと辿り着いた…。と思ったら、そこからまた、山中湖を周回させられて…。え、ちょっと待って、その後ここ(富士山麓)登らされるの?しかも2周も登るの??!そして、ワラけてきますよ?その後明神峠が待ってるという…。

まぁ、MRSNは籠坂でヒーヒー言ってたもんね。あの「ぴょみ」ってなってるところ笑。

ピョミって笑。結構ありますよ。2.4kmで平均斜度5%もある!

いや、明神峠と比較してごらんよ。「ぴょみ」でしょ。

いやぁ辛かったですよ。なんせ、山中湖の後は、すぐ下りだと思ってましたから、全体の規模が大きすぎて、目に入ってなかったんです。「ピョミ」が。

まぁあくまで僕ら目線ですからね。走るのはプロですから。そこは大丈夫ですよ。

いずれにせよ僕らは走りきる自信はないですけどね。
で、「後半の評価」という論点からちょっと飛躍して、全体的にコースパターンの話になったので、整理してみましょうか。コース予想としては大きく3種類出てきましたかね。
編集部の第一予想は、獲得標高の最も高い、クライマー向けのコース。
一押しになりそうな第二予想、富士山麓の周回を1回にして山中湖を
もう2周ほど回るパターン。これはクライマー向けでもあり、総合選手、パンチャーも可能性のあるパターン。
で、第三プランが、可能性は低いかもしれませんが、後半に山中湖を全て持ってくることで可能な限り最後は全て平坦、60kmくらいのコース。

こう見るとなかなか個性のある面白いパターン分けができたね。

4.戦況について

個人的な予想だけど、1、2のどちらかのパターンだと、去年のボーネンが引退した年のパリルーベの戦況みたいになるんじゃないかな。後半、登りで5人くらい抜けて、ボーネン入れて3人まで絞られて、最後は同じようなサーキットコース周回だったから、その3人で周回入ってきて、スプリントで誰が一番か。みたいな状況だと思うよ。

あとは、オリンピックだから一応国別だから、国でチームのようなものを作るよね。例えば、ベルギーとか、優勝候補の選手が何人もいる国だったら、当然戦術的なチームアプローチはかけてくると思う。

あー、なるほど、オリンピックには出てるけれども、狙いは金メダルではなく、ベルギーのある選手を勝たせるために走るみたいな選手もいるってことですね。

ただ、逃げきれたらラッキー、逃げられなくても後ろに別の選手いるぜ」みたいなスタンスが多いよね。

あ、じゃあ例えば、逃げ集団が形成された時に、とあるベルギーのエース選手を勝たせるために、逃げ集団を邪魔しに追いかける。みたいなこともあるわけですね。

まぁ邪魔、するまでいかないけど、逃げ集団の中にいながら、「曳かない」みないな戦略もあるよね。もしくは、その逃げ集団にいるベルギー選手が遅れを取り始めた瞬間、メイン集団はもっかい曳き始めたり。

じゃあ、そーゆー平坦のやり取りの方が面白いんじゃないですか?まぁクライムも面白いですけど。

いや、そんなやり取りは、クライムでも起こるよっていう話。

あー。なるほど確かに。
あとは、僕らの気にかけているサガンですね。

まぁ今年ね、サガンは「登る」って言ってるけどどうなるかわからないよね。

サガンに関しては2018年のサガンを見て状況を追いましょうか。

「今年のサガン」みたいな記事、出す?笑

あー、いいですね。「今年のサガンを追う!」。でも、ほしいタイトルも数限られてきて、ターニングポイントにはなりそうな年ですもんね。

なんのサイトやねん笑。贔屓すぎる。

戦況予想の話に戻りますけど…

いずれにせよ、山中湖超えてからだろうね。山伏もきついといえばきついけどプロの選手は余裕で超えてくるでしょうし。その後が、周回なのか、どこで上りがくるか、によって各国の戦略も変わってくるだろうからね。

テレビ的にも、山中湖を過ぎたあたりくらいからが中継されるポイントだと思うよ。ワンデーレースって大体、全部放送されなくて、最後の3時間くらい番組が多いから。山中湖終わったくらいって後残り何キロ?

籠坂峠あたりがちょうど130km、半分ですね。

んー、時速30kmちょいで走ったとしても…4時間くらい。実際は、戦況も盛り上がってくる、富士山麓入ったあたりから放送、とかが可能性高いんじゃないかな。

5.観戦について

じゃあ、観戦スポットについて話をしていきましょうか。
まずは山中湖から。山中湖は比較的観戦しやすいエリアかなと思うんですが。

観戦しやすいかな?平坦なのでかなりのスピードで駆け抜けていってしまうよ。

まぁ、確かに。じっくりは見れないですね。

ただ、ゆっくりしながら選手を待つ分にはいいかもね。
山中湖畔のテラス席があるレストランやカフェが結構あるっていうのが、走ってみての気づきポイントだったわけだけど。
そーゆーところで、スマートフォンで中継を観戦しながら、選手きたら外出て応援する、みたいな。

まぁそーゆーのが一般的な観戦の方法になるんじゃないですかね。

お酒なんか飲みながらね。

いいですねー。オススメの店舗なんかもこれからまとめていきましょう。

あとは周回する可能性も高いので、何回も観れる可能性もあります。

編集部の第一予想では1周半ですが、富士山麓の周回が2回ではなく、1周であればもう少し増える可能性もあります。

でも山中湖周回って距離的には中盤でしょ?結構選手は元気だからかなりのスピードで抜けちゃうかもね。

そうかもですね。でも、山中湖周回を一番後半に持ってくるっていうパターンももちろんあるんです。そうなるとかなり面白いエリアになりますね。

山中湖抜けた後の富士山周回はあまり観戦スポットとしては限られてくるよね。頂上付近にある、「イエティ」スキー場はよさげだね。

エバーグリーンラインの終わりのちょっと先にあるところですね。

事前に車で行く、って感じかな。はいれるのかな…。封鎖されてる可能性もあるね。

え、そうなんですか。時間制限とかじゃないですか。

それもあるかもだけど、台数制限かける可能性もあるし。だって、渋滞とかしてしまったら、終わってしまうから。それだけは避ける方法をとると思う。って考えると、前日から行って、キャンプ場にとまるっていうのはアリかもね。

そうですね。
エバーグリーンラインの途中にある「十里木キャンプ場」なんかは道沿いにあっていい観戦ポイントですね。
キャンプ場のおすすめ観戦スポットも別記事でまとめたいと思います。

富士スピードウェイはどうでしょう。チケットとかいるんですかね。

ここは観戦ゾーンが作られてチケット制になるだろうね。

いくらぐらいなんでしょう。そもそもオリンピックのチケット代って相場いくらくらいなのか…。1~2万くらいですかね。TTもここですし。

まぁ観戦ゾーン以外にも良い場所があるかもしれないので、富士SWもまた事前に観に行きましょう。

そうですね、大きなイベントがない日は入場料1000円で、コースの側から中を見れたりするようなので。最後のスピードウェイの見所ポイントなんかも紹介できるかもしれません。

6.さいごに

じゃあ、最後に面白いことを言ってください。

っ!前回、MRSNが言えてなかった気が…

いや、前回の仕返しですよ笑

何言ってるんですか、そんなふざけたりしないですよ!オリンピックですから、そんなのね、オリンピックに失礼ですよ!

まさかの怒られた…。。。

では、みなさん、面白いことは言えませんが、今後の記事にも乞うご期待ください。