コース情報

【草津温泉】ルート01「渋峠アタック 輪行ルート」

JR吾妻線「羽根尾駅」から草津市街地をめざし、渋峠まで一気に登るクライムルート。30kmを平均6.5%はかなりハードな道のりだ。渋峠までは、「万座・鹿島口駅」が距離的には近いが、途中の万座ハイウェーは自動車専用の有料道路のため通ることができない。渋峠自体は有名であるもののアクセスはさほどよくはないのだ。輪行からのアタックなら上記の駅しか選択肢はないだろう(長野側からもアタックできなくはないが30km近く登るかなり厳しい道のりだ)。

29.7km 走行距離 1h58m 想定所用時間
1612m 獲得標高 1509m 最大標高差 6.5% 上り平均斜度
A
0km|【スタート】羽根尾駅
B
4.2km|水車小屋

ロマンチック街道沿いにある蕎麦屋。昔ながらの日本家屋がそのまま蕎麦屋となっており、店内は土間と小上がりの座敷席の日本家屋らしい佇まいの雰囲気。水車で挽いたそばを楽しむことができる。周囲は深い山間部のため、軽井沢側からロングライドで草津温泉へ向かう場合には、中継地点として貴重な場所にある。

このスポットの情報をみる

C
10.0km|道の駅 草津運動茶屋公園

日帰りなどで渋峠を攻めるなら、中継地点・出発地点としておすすめの場所。峠の坂に入る手前にあり、設備が充実している。お土産やさんはもちろんしっかりとした食事戻ることができるので、日帰りライドであれば拠点として最適だろう。

このスポットの情報をみる

D
29.7km|【ゴール】渋峠(2,172m:日本国道最高地点)

標高2172m、ここが日本国内で最も標高の高い国道。その道は想像以上に険しい、標高を2000m近くになると高山病を発症する人もいる。気温の降下、気候の変化、酸素濃度の低下、険しい斜度それらを乗り越えてこそ辿り着く場所だ。

このスポットの情報をみる