コース情報

【草津温泉】ルート03「毛無峠アタック」

渋峠と同じルートを通り、草津プリンスホテルを左折し「万座道路」へと入る。その後、標識も何もない脇道を左折し4kmほどほぼ平坦な道を走ると到着する。"毛無し"の名の通り、草木の生えないむき出しの大地と、浅間山を含む浅間連峰から続く荒々しい山々の壮大な風景が出迎えてくれる。ヒルクライマーなら一度は登っておきたい場所だ。なお、行き止まりの道なため道の整備は行き届いておらず、後半は舗装すらされていない部分もあるので注意が必要だ。

30.1km 走行距離 2h00m 想定所用時間
1047m 獲得標高 822m 最大標高差 5.9% 上り平均斜度
A
0km|【スタート】道の駅 草津運動茶屋公園

日帰りなどで渋峠を攻めるなら、中継地点・出発地点としておすすめの場所。峠の坂に入る手前にあり、設備が充実している。お土産やさんはもちろんしっかりとした食事戻ることができるので、日帰りライドであれば拠点として最適だろう。

このスポットの情報をみる

B
14.8km|(ルート内の最高地点:2016m)
C
26.4km|左に折返しポイント(標識がないため要注意)
D
30.1km|【ゴール】毛無峠

毛無峠は、長野県と群馬県の県境の峠(標高1,823m)。万座道路から脇道にそれ、4km弱ほど平坦な道を走った不通区間の端点に位置する。年間を通して強風が吹き荒れるため、その名の通り草木がほとんどはえない荒涼とした大地が広がるが、その分、標高は他の1級山岳と比べても低いわりにはかなりの絶景が広がる。余談だが「群馬の国境」と揶揄される際に使用されることが多い画像があるが、それがこの場所に設置された標識だ。

このスポットの情報をみる