コース情報

【日光】ルート05「宇都宮〜日光 例幣使街道杉並木道ルート」

宇都宮駅から日光へ向かうルートの中でも南側から迂回するルート(もう一つは)。宇都宮から平坦道を抜け、文挟交差点から幣使街道にはいれば、電柱よりも高い杉並木が左右に美しく並ぶ緩やかな上り坂が続く。宇都宮へ向かうのであれば、一度はこの道を通っておくべきだろう。

29.1km 走行距離 1h56m 想定所用時間
301m 獲得標高 283m 最大標高差 2.4% 上り平均斜度
A
0|【スタート】宇都宮駅
B
18.5km〜29.1km|例幣使街道並木道

高さ約30mにも成長した巨大な杉の木が十数キロに渡り続く並木道。日光駅に向かって若干の傾斜があるこの並木道は、交通量も少なく、やさしい木漏れ日の中、ゆるやかなクライムライドを楽しむことができる。(例幣使街道は日光杉並木街道(全長37km)のうちの一部で、日光東照宮の参道でもある)

このスポットの情報をみる

C
29.1km|【ゴール】交差点《小倉町》