コース情報

【日光】ルート02「日塩もみじライン登坂&周回ルート」

都内からも比較的アクセスしやすい日光線「今市駅」を起点に北上、鬼怒川温泉をこえ周回するルート。温泉地特有の風景を楽しみつつ、日塩もみじラインでは斜度5.0%ではあるものの、高地特有の豊かな自然に包まれた気持ちの良いコース。10月の紅葉シーズンはまさに真紅のカーテンに包まれながらのヒルクライムを楽しむことができる。

86.9km 走行距離 5h47m 想定所用時間
1558m 獲得標高 966m 最大標高差 5.2% 上り平均斜度
A
0|【スタート】日光駅
B
25.8km|川治ダム見晴し台

その名の通り、日塩もみじラインの北西に位置する「川治ダム」を見下ろす見晴し台。日塩もみじラインを走る際には、最高地点の14.4km先までの道のりの、おおよそ半分にの位置にあるため、登坂の目安になる(全長14.4kmのうち6.9km地点)。中禅寺湖周辺の火山群や、奥には南アルプスなどを望む。

このスポットの情報をみる

C
29.7|日塩もみじライン 富士見台(1,150m)
D
30.5km|白滝 峠の茶屋

日塩もみじラインの頂上地点まであと2.8kmと迫った場所にある茶屋(蕎麦屋)。斜め屋根のロッジ風外観が特徴。頂上まであと少しのところで登場し、「八溝そば」の"のぼり"がローディを誘惑してくる。ぜひ誘惑には負けず、登頂の後、下りの際に立ち寄ってほしい。

このスポットの情報をみる

E
70.1km|道の駅 湯西川(湯の郷湯西川観光センター)

道の駅「湯西川(ゆにしがわ)」は国道121号線の途中から湯西川温泉方面に入ってすぐに位置している。野岩鉄道の会津・鬼怒川線「湯西川温泉駅」に直結する道の駅。地場の食材を用いた、お食事処・売店に加え、温泉もあり、岩盤浴や無料足湯を楽しむことができる。日帰りで、日塩もみじラインをクライムするなら、帰りに立ち寄るにはちょうどよい場所だ。

このスポットの情報をみる

F
86.9km|【ゴール】鬼怒川温泉駅