コース情報

【三浦半島】ルート02「大楠山ヒルクライム」

三浦半島の中では最も高い山の一つ大楠山。上りの平均斜度7.4%、10%以上の激坂が度々襲ってくる。しかし距離は3kmしかないものの、このクライムコースは路面が非常に悪い。半分以上は舗装されておらず、通常のクライムよりかなりハードなため、ある意味トレーニングに最適だろう。

3.0km 走行距離 0h12m 想定所用時間
197m 獲得標高 197m 最大標高差 7.4% 上り平均斜度
A
0|【スタート】交差点《大楠山入口》
B
3.0km|大楠山(おおぐすやま)/大楠山ビューハウス

大楠山は三浦半島の最高峰(242m)地点だ。山頂には大楠山ビューハウスという休憩所兼展望台があり、富士山や箱根連山、房総半島、天気の良い日には、伊豆半島、大島まで360°のパノラマビューを楽しむことができる。ただ、途中から車両通行用に整備された道路ではないため、クライムルートはシクロ向けのような道になる点に注意。東西に延びる丘陵エリアは風致地区として保護されており、豊かな自然を楽しむことができるため、少々ハイキングして見ても良いだろう。

このスポットの情報をみる